NPO法人岩国子ども劇場のオペラシアター公演を訪問しました!

 3月5日(土)、岩国市のシンフォニア岩国多目的ホールで開催された岩国子ども劇場設立42周年記念公演「こどもに夢を!たくましく豊かな創造性を!オペラシアターこんにゃく座『ロはロボットのロ』」を訪問しました。
 主催の「NPO法人岩国子ども劇場」は、人と人とのつながりを大切にすることを目的に、舞台鑑賞や異年齢集団との活動を通して「人や自然とふれあう場」を地域の子ども達に提供している団体で、一年間の締めくくりに、こんにゃく座を招いた公演を開催されました。

iwakuni 当団体は、「舞台を観て終わり・・・」ではなく、この舞台公演を軸に、ロボットづくり、オペラについての学習、劇の挿入歌を合唱する等の数回のワークショップを取り入れ、一年間の活動の中で、子ども達が深く文化芸術を楽しみ、学ぶことができるよう工夫されており、この公演は、「自分にとって大切なものを守るために頑張ろう」という勇気をもらえるような内容です。
 これまでのワークショップで学んだ知識や経験が子ども達の中に息づいており、身を乗り出したり、手を振ったり、感情豊かに鑑賞している姿が印象的でした。
 公演終了後、感想をや思いを語る場を設けられたとのことで、活動を通して、芸術の楽しさや素晴らしさが子ども達の心に刻まれたことと思います。

 会では、「地域の中で芸術活動等を続けて来られた方達がワークショップを通してつながったことも大きな成果の一つ」と考えられており、今後もいろいろな団体と交流、協働しながら、地域の中で文化芸術の芽を育まれることを期待しています。