NPO法人地域美学研究所の「棚田かふぇ you家(ゆーや)」を訪問しました!

 3月7日、長門市油谷後畑の棚田景観地区に設置された、中山間地域交流スペース「棚田かふぇ you家(ゆーや)」を訪問しました。
 空き民家を素敵なカフェに蘇らせたのは、NPO法人地域美学研究所で、平成24年度から棚田保全活動を進めるため、下関市立大学や地元の営農組合、食育グループらと連携しながら「棚田かふぇ」設置に取り組んでおられます。
 平成25年度、納屋の修理と改装を行い、平成26年5月に「棚田かふぇ You家(ゆーや)」をオープン。その後、順調にカフェを運営されてきました。
 平成26年度は、ピザ窯の製作、地元の農作物を活用した食品づくり、農産物の直売所の設置を新たに行われ、テレビや雑誌に掲載されたこともあってか、オープン日の週末には大勢のお客さんが来られるそうです。

yuya お昼の賑わいがやっとひと段落した土曜日の午後3時頃訪問しましたが、「テレビを観て…」というお客さんが見えたり、地域の人からピザの注文があったりと大変忙しそうでした。
 昨年訪れた時には、丁度、大学生と地域住民が一緒になって納屋の改装をされていましたが、今では、廃材や閉店したお店から無償で譲り受けたソファやテーブル、イス等が素敵にリメイクされており、心地よい「交流の場」となっていました。
 会では、今後、地域の人も交えた協力体制を組織化し、施設の整備だけでなく、カフェの運営についても当団体と地域住民、大学生が協働しながらともに行っていきたいとのこと。また、お客さんを中心に 「you家倶楽部」というサポーター制度を作り、少しずつ協力の輪を広げる努力をしていくとのことです。
 棚田の景観保全と地域活性化のため、これからも若い力を結集し、活動されることを期待しています。