明日を紡ぐ大地の会の「女流芸術家発表交流会」を訪問しました


daichinokai1 5月29日(日)、山口市の県立山口図書館レクチャールームで開催された「第3回女流芸術家発表交流会」を訪問しました。
 主催の「明日を紡ぐ大地の会」は、故郷ゆかりの文化人や出来事にスポットを当てて舞台化し、山口県への愛着や誇りを高めるとともに、地域の文化・芸術の底上げを目指して、地道な公演活動を行われています。
  今年度は会を結成して5年目の節目の年であり、多くの市民芸術家と連携して「故郷の心の活性化」に貢献したい、もう一回りグレードアップした文化活動としたいと大変意欲的です。
  この日は当団体の他、日本舞踊花柳流「むつみ会」、弥富竜神太鼓、パークール音楽企画の3団体が日頃の活動の成果を発表されました。また、会場の装飾はSAORI山口が協力されており、約150人の方が観覧されていました。
 手づくりの公演でしたが、芸術性が高く、郷土への誇りや愛着を感じることができ、情熱をもって活動されていることが伝わってきました。
 これからもいろいろな団体と連携・交流しながら、草の根の文化芸術活動を続けられることを期待しています。