山口県東部海域にエコツーリズムを推進する会の「瀬戸内の秘境 エコツアー」を訪問しました!

 12月4日(日)、柳井市平郡で開催された「瀬戸内の秘境エコツアー 大嶽・大滝山をめぐる山歩き」を訪問しました。
 主催の「山口pb273269県東部海域にエコツーリズムを推進する会」は、自然再生・環境保全の大切さを啓発するとともに、魅力あふれる元気な地域づくりに寄与することを目的に、名前のとおり、県東部海域の豊かな自然環境や貴重な歴史・文化等を活かしたエコツーリズムを推進されています。今年度は平郡島、周防大島内のエコツアーの実施と、島周辺の海中・山中調査による貴重な自然や歴史・文化財等のリストアップを進められています。

 この日はエコツアー・山歩きが行われ10名が参加。島への到着と同時に降雨が激しくなりましたが、参加者のeco1強い希望により、約2㎞の登山が実施されました。
 途中、島の歴史、文化的な遺構や自生する植物について説明を受けながら、約1時間で大嶽山頂に到着。あいにくの天気で、晴天だったら見下ろせる沖家室島、大水無瀬島等は霧に隠れて見えなかったのが残念でしたが、良い体験となりました。
 また、この日の実施に当たり、登坂困難箇所へロープを張ったり、倒木の撤去、スズメバチの駆除等の下準備がしっかりされており、平郡小学校生徒の手書きの登山案内看板が各所に掲示され、休憩所として「老人憩いの家」が提供されるなど、島民が事業に理解を示し、協力されている様子が伺えました。

 会では、地域資源をまちの活性化や観光につなげていくため、今後もエコツアーの開発や環境整備等をされるそうです。
 成果がすぐに現れる活動ではありませんが、地道に着実に継続されることを期待しています。