子育て講座~思春期編 に参加しました!

平成25年10月11日(金)、山口市のクリエイティブ・スペース(C・S)赤れんがにおいて、認定NPO法人こどもステーション山口が主催された「子育て講座~思春期編  思春期=あらしの時代をのりきるために」に参加しました。

kodomos「認定NPO法人こどもステーション山口」は、子どもたちの社会体験や社会参画の機会を拡げ、豊かな「子ども時代」を過ごすことができる環境づくりを推進し、プロの劇団を招いての公演、子どもまつり、キャンプ等、楽しく学べる活動を広く提供している団体です。
現在、山口市のC・S赤れんがの指定管理の受託や、山口県初となる認定NPO法人を取得されるなど、先駆的な取り組みをされています。
今回は、小学校高学年から中学・高校生の子どもを持つ保護者の悩みにこたえるべく、「子育て講座~思春期編」を、昼と夜の二回に分けて開催されました。

定員は共に30名でしたが、予想以上の参加申し込みがあったとのことで、訪問した昼の部にも50名の方が参加されていました。同様の悩みを持つ保護者が多いことが伺えます。
講師は東京都で劇団を主宰されている永野むつみさん。ジョークを交えながらのお話はとても面白く、笑いの絶えない講演会となりました。

お話は、「思春期とは意思表明期であり、親を基準に善悪を判断していた子どもが、自分の意思で様々なことを決め始める時期。親はそれを理解して、子どもの意見を尊重する必要があり、徐々にでも、子どもの旅立ちを後押しする思考に切り替え、後は夫婦中心の自分たちの幸せを見つけることが子育ての最終形になる」という内容のもので、隣り合う参加者同士の会話の時間もあり、子育てについて自らの在り方を振り返る貴重な時間となりました。

会では今後、思春期の子どもを持つ親同士で交流を深め、悩みを共有し、子どもとちゃんと向き合い、話し合える親の素養づくりをされていかれるようです。
 子どもたち、そして親たちの心の充実を今後も支援者としてサポートされることと思います。
ぜひ頑張っていただきたいです。