ケダマの会の「地域猫お届け講座」を訪問しました

 7月20日(水)、キリンビバレッジ周南総合スポーツセンター管理棟で開催された「地域猫お届け講座」を訪問しました。
 「ケダマの会」は、犬・猫にとってやさしい社会づくりを目指し、飼い主のいない犬や猫を保護し、適正な治療を施し、里親を探す等の活動を行っています。
 財団の助成金を活用して、希望者へ貸し出し用の動物保護機材の増設、TNR活動〈Trap(捕獲)→Neuter(避妊手術)→Return(元の場所へ戻す)〉の普及、支援者を集めるための啓発事業を実施されており、今回の「地域猫お届け講座」は普及啓発活動の一環として周南市で初めて開催されました。

ケダマの会1 参加者は約20人。講師は周南健康福祉センターの松本獣医師で、「地域猫」(※)とは何か、どのような取組か等を、パワーポイントを用いてわかりやすく説明されました。
 活動の主役は地域住民であり、ボランティアだけに負担をかけず、多くの住民を巻き込む工夫と理解を得るための働きかけが必要とのことです。参加者から質問も出て、興味や問題意識を持って参加され、学ばれた様子でした。

 2014年の調査によると、山口県内で殺処分された犬と猫は4,730匹で、都道府県で3番目に多い数だそうです。
 地域猫に関する理解はすぐには進まないと思いますが、不幸な犬・猫を減らすため、今後も地道な啓発活動やTNR活動を続けられることを期待しています。

※「地域猫」とは、「地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫」のことで、「地域猫活動」とは、地域住民が主体となって猫を適正に管理(エサやり、糞尿の始末、不妊去勢手術)し、数を増やさず一代限りの生を全うさせること