ほしの会(障害児・障害者を地域で育てる会)のセミナーを訪問しました


 9月25日(日)、下松市地域交流センターで開催されたセミナー「障がいのある人の居心地のいい暮らしのために~支援グッズの使い方をマスターしよう」を訪問しました。
 主催の「ほしの会(障害児・障害者を地域で育てる会)」は、障害児・障害者の保護者により設立された団体で、障害のある人やその家族が地域で生き生きと自立して暮らすことを目指して、障害に関する講演会や勉強会、参加者同士の交流会等を開催されています。

hosinokai この日は県内外から約65人が参加。
 障害者の立場に立った支援やコミュニケーションツールを推進している「株式会社おめめどう」の奥平さんと、同会社のオブザーバーで、兵庫県立福祉のまちづく研究所特別研究員の大西さんの講演とワークショップが行われ、障害者それぞれの特性に合わせた支援を行うことの重要性や、発達障害者の日常生活に役立つコミュニケーション支援グッズの使い方を学びました。
 約5時間のセミナーでしたが、途中で帰る人はほとんどなく、大変真剣に受講されていました。
 ランチタイムには、初めての参加者が他の方に話しかける姿も見られ、参加者同士の交流も進んでいたようです。
 会では、今後も保護者への支援を継続するとともに、障害児・障害者に対する理解が進むよう、啓発活動を続けていきたいとのこと。保護者以外の保育士、支援学校の教員等の参加も増えてきており、今後の活動の拡がりに期待しています。