ほうふ子ども歴史学び隊の「夏休み歴史学習『花燃ゆのその後』」を訪問しました

 7月31日(日)、ルルサス防府、大楽寺及び防府天満宮で開催された「わがまち歴史文化再発見事業~夏休み歴史学習『花燃ゆのその後』」を訪問しました。
 「ほうふ子ども歴史学び隊」は、次世代を担う子ども達に、歴史文化について楽しく学ぶ機会を提供することを目的として今年3月に発足。防府市を訪れる観光客を「おもてなし」し、地元の歴史を多くの方に説明するため、会員の子どもと一般参加の子どもが交流し、防府市の名所をめぐり歴史の知識を深めるための「歴史学習」を開催されました。

houhu 参加者は35人で、防府市内の人がほとんどでした。
 オリエンテーリングの後、会員の子ども達による歴史クイズが行われました。このクイズは、これまでの学習の中から考えて、手作りのボードで説明するなど工夫されていました。
 その後、防府天満宮コースと大楽寺コースに分かれ、歴史ツアーが行われました。ツアーの途中にも、会員の子ども達の歴史クイズや、防府市観光ボランティアガイドによる史跡等の説明があり、実際に見て、触れながら詳しく学ぶことができました。
 子ども達が主体的に考え、実行している姿がとても印象的で、子ども同士の交流も図られたようです。
 今後も、郷土の歴史・文化を楽しみながら学び、観光客をはじめ多くの人にPRされることを期待しています。