すこやか育ち隊の「Dr.カフェ」に訪問しました!

 6月20日、山口市の県総合保健会館で開催された小児救急医療を地域で守る!フォーラム「Dr.カフェ」を訪問しました。
 主催の「すこやか育ち隊」は、子どもの健康と地域医療の今後を市民・医療者・行政の立場を越えて議論し、小児医療の視点から「誰もが安心して暮らせるまち」を目指して活動されています。
 山口市内のすべての小児科が網羅された「小児科安心マップ」の作成や、交流座談会、研修会、ブログによる小児救急医療の情報公開等、幅広く活動されており、毎年1回、医師や保健師、助産師と市内の小さい子どもを持つ保護者が自由に交流し、情報交換が行える場「Dr.カフェ」を開催されています。

sukoyaka この日は約80名の参加があり、ワールドカフェ方式で行われました。医師又は助産師とテーブルファシリテーター(会員)が1人ずついるテーブルが10設置されており、参加者は興味を持ったテーマのテーブルで交流し、アドバイスを受けることができるというものです。
 各テーブルに設置された模造紙には、質問やそれに対する答え、感想等を自由に書きこむようになっていたため、参加しなかったテーブルの情報も、模造紙を見れば得られるようになっています。会場には昨年度の模造紙も貼りだされており、今回のものと併せてより多くの情報や悩みの解決策を得ることができました。
 また、県立大学の学生さん達も参加されており、医師とお母さんたちのやり取りに熱心に耳を傾けておられたのが印象的でした。
 最後に「これからも地域の小児医療のために、医師と保護者、地域が力を合わせて頑張ろう」と締めくくられ、「地域の小児救急医療を地域の手で守っていく」という機運が高まっていたようです。

 会を重ねるごとに、いろいろな団体を巻き込みながら、カフェそのものが洗練されているように感じました。医師等も大勢参加されており、みなさんが熱意を持って活動に取り組まれているということが伝わってきました。
 これからも小児救急医療の分野の先進的な活動団体として、より活動を進化されることを期待しています。