助成金交付団体訪問録

廃校再生サミット/山口の「オープンキャンパスTHE廃校」を訪問しました!

団 体 名廃校再生サミット/山口 (山口市)
プログラム自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名廃校を再生して地域の活動の拠点にする事業
日時/場所平成29年8月27日(日)/長門市仙崎2874 旧青海島小学校
訪問の様子

 当会は、廃校の活用方法を模索し、地域活動に役立てる目的で平成28年6月に発足されました。
 廃校の活用について語り合う「廃校サミット」、廃校が決定している学校・地域を訪問しての交流会・勉強会の開催や、大学との連携など積極的に活動されています。
 この日は来年度行われる「廃校サミット」のプレ大会として「オープンキャンパスTHE 廃校in青海島共和国」が開催され、県内各地から約35人が参加されました。

IMG_0489 まず、開催地である旧青海島小学校に設置された「青海島共和国」の建国の経緯や現在の活動等についての説明後、インドネシアから来日されている、インテリアデザイナーで景観写生家のラビニア・エリシアさんが、会で作成された「廃校~ニアのていあん」の冊子を基に、インドネシアの教育の現状と、彼女の感じた日本の原風景について講演されました。
 インドネシアでは人口が急増中で、小学校が不足しており、日本の廃校にとても衝撃を受けられたそうで、廃校は引き続き活用されるべきと話され、活用例を提案されました。
 最後に、会場である「青海島共和国」の校舎を5分割して、各部分ごとに新たな使い方を提案するワークショップを行われました。
 様々な提案がされ、地域の中で廃校をどのように活用するか、交流拠点としての機能をどう果たすか等について再検討できたようです。

 県内では、これからも小中学校の統合等で「廃校」の問題が起こってくると思われます。校舎を地域の資源として、住民同士が集える交流拠点に活用する等、地域共通の課題としてそれぞれが真剣に考えていく必要がありそうです。
 今後も活動を継続され、廃校の活用について広く啓発されていくことを期待しています。

山口県釣り団体協議会の洲鼻海岸清掃・稚魚放流作業を訪問しました!

団 体 名山口県釣り団体協議会 (周南市)
プログラム財団オリジナルプログラム/ふるさとの自然環境保全助成金
事 業 名稚魚放流・海辺清掃活動
日時/場所平成29年8月19日(土)/下松市洲鼻海岸周辺
訪問の様子

IMG_0458 当会は、釣り場環境の整備保全や、遊漁としての釣りの健全な発展を図るため、釣り人と行政をつなぐ唯一の窓口として昭和46年に発足されました。
 十数年前から海浜清掃や稚魚の放流等を行われ、海の資源の保護や環境整備などの社会貢献活動にも取り組まれており、今年度も、光市や周南市、下松市で実施されています。
 この日は下松市の洲鼻海岸で、地域の活動団体である「瀬戸内の海を美しくする会」や「周南清港会」と協力して、海岸清掃と稚魚放流が行われ、近隣保育園・幼稚園の園児や保護者、行政機関の職員等約100人が参加されました。

 海岸清掃では、参加者が海岸付近のゴミを拾い集め、下松市の指導によって「ビン・缶・プラスチック・不燃物」に分類収集しました。ゴミは軽トラック3台分にもなり、その後は市が適切に処理されました。
IMG_0471 稚魚の放流は、子どもたちに海や自然を大事にする気持ちや生き物に対する愛着を持ってほしいとの思いから実施されているもので、この日は、下松市栽培漁業センターから14㎝程度の「ヒラメ」2,500匹が運び込まれ、市内の園児ら36人によって笠戸湾に放流されました。
 真夏の炎天下での行事でしたが、参加された皆さんは笑顔で活動に取り組まれ、美しくなった海岸と、海の中で育っていく新しい命に思いを馳せているようでした。

 豊かな水辺の自然を保全する活動を今後も継続していただき、「海や自然を守り育てていく」活動の輪が広がっていくことを期待しています。

山口県健康生きがいづくりアドバイザー連合会の「里山健康生きがいづくり交流会」を訪問しました!

団 体 名山口県健康生きがいづくりアドバイザー連合会 (山口市)
プログラム自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名里山健康生きがいづくり交流会~輝く人生を、今~
日時/場所平成29年7月29日(土)/ヒュッテ桂谷ランプの宿(山口市小郡)
訪問の様子

 当会は、厚生労働省の関係団体である「一般財団法人健康・生きがい開発財団」が、中高年の健康や生きがいづくりの啓発、サポートを目的に養成している「健康生きがいづくりアドバイザー」の県内有資格者により平成16年に結成された団体で、地域での啓発活動や、東京等で開催される「健康・生きがいづくり」に関する講習会や勉強会への参加、地域イベントへのボランティア協力等をされています。
 この度、高齢であっても、健康で若々しく、社会にも貢献できる人生づくりをサポートしたいと、「里山健康生きがいづくり交流会~輝く人生を、今!」と題したイベントを開催されました。

kenkou1 この日は午前中に「健康生きがい交流会」、午後は「深呼吸で若返り講座」(ヨガ講座)が行われ、県内各地で活動されている当会会員の皆さんを中心に約20人が参加されていました。
 ヨガの他、リンパや整体のミニ講座、竜笛やライヤーの演奏、合唱、ソーメン流し等、一日を通してもりだくさんのメニューが用意されており、里山の新鮮な空気の中、心と体をリフレッシュしながらお互いに交流を深めることができました。

kenkou2 会では、今後も継続して、中高年の「元気」や健康寿命を延ばす支援をしていきたいとのこと。
 誰もが元気に充実した社会生活を送ることができるよう、今後も積極的に啓発活動を行われることを期待しています。

ほうふ子ども歴史学び隊の「市民歴史学習講座」を訪問しました!

団 体 名防府子ども歴史学び隊 (防府市)
プログラム自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名わがまち歴史文化再発見事業~みんなで協働、楽しく歴史を学ぼう~
日時/場所平成29年7月9日(日)/防府市牟礼公民館
訪問の様子

 当会は、NHK大河ドラマ「花燃ゆ」の放映に伴うおもてなしイベントに参加した子ども達の、「これからももっと地域の歴史を学びたい」という思いにより、平成28年3月に設立されました。
 子ども達が中心となって、防府市の歴史を学び、その成果を市民や観光客のガイドに役立て、自分たちで考えたクイズや、オリジナルキャラクター「ふみちゃん」のプラキー作りでおもてなしをするなど積極的に活動されています。
houhu1 この度、市民向けの歴史学習講座「市民歴史学習『楫取素彦物語』映画鑑賞会」を開催され、朝から子ども達が協力して会場づくり、資料運び、参加者の案内等を行っていました。
 約60人の参加があり、開会行事の後、楫取素彦に関するクイズや、元防府日報社社長で郷土の歴史に詳しい窪田耕二さんの「楫取素彦・美和子夫妻の生きた時代について」と題した講演、映画「楫取素彦物語」の上映がありました。
 映画は群馬県令としての楫取素彦の業績を顕彰するドラマ仕立てで、吉田松陰から継いだ「至誠」を心の柱に、群馬県の教育や紡績の振興に力を尽くした楫取素彦を知ることができ、大変勉強になりました。
houhu2 幕末から明治にかけて、山口県・防府地域が果たした役割の大きさを気づかせ「『花燃ゆ』のその後」を、広く市民に啓発する企画となっていました。
 今後も郷土の歴史に目を向け、地域を誇りに思う気持ちを大切に活動を継続されることを期待しています。

日立のぞみ会の「プログラミング学習会」を訪問しました!

団 体 名日立のぞみ会 (下松市)
プログラム地域課題解決支援プログラム/子ども・子育てサポート助成金
事 業 名子供の健全育成
日時/場所平成29年7月7日(金)/ほしらんど下松(下松市中央公民館)
訪問の様子

 当会は、日立製作所笠戸事業所やその関連会社の退職者が、社会貢献・ボランティア活動の一環として平成23年に立ち上げられ、子ども達を対象としたものづくり体験教室の開催や、工場見学の機会の提供、大谷渓谷の森林・ハイキングコースの整備活動等をされています。
 今年度は、2020年から小学校で始まる「プログラミング教育」の必修化に先駆け、学習支援ができるよう、子ども用プログラミング「スクラッチ(※)」の第1回学習会が行われました。
IMGP3791 会員の他、教員ら約10名が参加。講師の牧野和央さん(牧野技術コンサルタント代表)から必要な機材やプログラミングソフト(スクラッチ、ラズベリーパイ等)の説明を受け、その後実技も行われました。
 初めて耳にする言葉に悪戦苦闘しながらも、隣りの人に教えてもらったり、講師に聞きながら操作し、スクラッチの概要や使い方を習得されました。
 会では学校と連携して、今後も学習会を繰り返し行い、子ども達の学習の支援につなげていきたいとのことです。
nozomikai 未来を担う子ども達が、楽しみながら学び、様々な体験をとおして成長できるよう、身に付けた知識や技術を活かして、今後も支援活動を続けられることを期待しています。

※スクラッチ:マサチューセッツ工科大学が2006年に開発した簡単な学習用プログラミングソフト。難しい言語を覚える必要がなく、絵柄や簡単な日本語でプログラミングが組め、アニメ、ゲーム等を作ることができる。スクラッチの拡張版ではセンサーや工作、実験等も行える。

彦六・又十郎伝保存会の「来て・見て・聞いて 私たち元気に活動中!」を訪問しました!

団 体 名彦六・又十郎伝保存会 (萩市)
プログラム財団オリジナルプログラム/団体協働活動助成金
事 業 名~一人はみんなのために みんなは一人のために~
「来て・見て・聞いて 私たち元気に活動中!」
日時/場所平成29年7月2日(日)/旭マルチメディアセンター
訪問の様子

 当会は、「彦六・又十郎伝説」(*)の伝承活動を通して、ふるさとを思いやる心を育み、支え合い・分かち合うことのできる心豊かな人づくり、地域づくりを目指して地域住民を中心に平成24年に立ち上げられました。
 これまで、山口県立大学と協働し「町歩きのマップ」を作成したり、萩往還沿いの民家に協力を依頼して軒先に思いやりの言葉の綴られた「のれん」をかけたり、伝承紙芝居を作成したりと地道な啓発活動を行ってこられましたが、今年度は、長門市、山口市の阿東地域といった少子高齢化が進む同じような中山間地域の住民同士が交流し合い、地域活動をとおして元気を交換し、今後もつながっていくことを目的とした交流イベントを開催されました。
hikoroku1 この日は午前中、開会行事と紙芝居「彦六・又十郎伝説」の上演、トーク&トーク、午後からはゲストを招き、「安田の糸あやつり人形芝居」の上演、シンガーソングライター毛利治郎さんのコンサート、カルスト草炎太鼓による演奏が行われました。
 トーク&トークは、やまぐちネットワークエコー代表の西山香代子さんをコーディネーターに、萩市、長門市、山口市阿東から各地域で地域活動をされている方が登壇され、地域に根差した活動の様子を紹介されました。
 hikoroku2登壇者のみなさんは、「家族はこのような活動をどう思っている?」や「男性にもっと地域活動に参加してもらうためには?」等の会場からの質問に時折笑いを混ぜながら思いを述べられ、最後は「元気だから活動をしているのではなく、活動をしていく中で元気をもらっている」、「無理なく、楽しく、やりがいを持ってこれからも地域活動を行っていきたい」と締めくくられました。
 参加者同士の交流も深まった様子で、今後もお互いの活動に参加し合いたい等のうれしいお話しも伺うことができました。
 これからも、故郷の偉人の伝承を心に留め、知恵を出し合って地域活性化に取り組んでいただくことを期待しています。

*「彦六・又十郎伝説」~今から約400年前、明木の彦六と又十郎は、萩城築城の折、その働きが顕著であるとして殿さまから褒美をもらえることになった。その時、明木から城下町へ売るための炭や薪に課せられていた口屋銭(=通行税)の免除を願い出たことから、殿さまは褒美を自分だけのものとしない二人の心がけに感心し願いを聞き入れ、里人は口屋銭を免除されて大層しあわせたという。

劇団「わ」のオリジナル劇「ホテルやまなみ」の公演を訪問しました!

団 体 名劇団「わ」 (周南市)
プログラム自立支援プログラム/自立サポート助成金
事 業 名劇団「わ」オリジナル劇公演
日時/場所平成29年6月25日(日)/鹿野公民館
訪問の様子

 当会は、地域の文化振興や活性化、連帯感の向上をめざして平成13年に立ち上げられました。少子高齢化の進む鹿野地域でいろいろな催しが縮小していく中、日常生活の娯楽の機会を創り出し、人と人とのふれあいを取り戻すきっかけになるよう、地域住民が自ら企画し、キャストやスタッフとして演劇を公演されています。
wa2 今回は、数年ぶりの公演となり、150人を超える観客で会場は満席となっていました。
 静かな山間にある「ホテルやまなみ」を舞台に、「山里でホテルを経営している」と同窓会で良い恰好をしてしまった雑用係の銀平、従業員、家族が織りなす涙あり、笑いありの人情あふれるストーリーで、観客も大いに盛り上がりました。
 会では、「最澄の『一隅を照らす』(*)の教えどおり、みなさんに観ていただくことで元気になってもらい、それが鹿野地域全体の元気につながってほしいという想いで演じていきたい」とのことです。
 地域住民の心をつなぎ、地域に元気を創り出すため、これからも公演活動を継続されることを期待しています。

*『一隅を照らす』~自分自身が置かれた場所で精いっぱい努力し明るく光り輝けば周りの人、社会も輝く

劇団海峡座の朗誦劇「第10回記念公演 平家物語」を訪問しました!

団 体 名劇団海峡座 (下関市)
プログラム地域課題解決支援プログラム/文化による地域づくり助成金
事 業 名地域活性化をめざす郷土文化遺産の共有事業
日時/場所平成29年6月24日(土)/下関市民会館中ホール
訪問の様子

 当会は、地域文化の育成と向上をめざして昭和28年に設立され、以来地域の公民館や学校等を巡回して、ふるさとを題材とした作品を上演されており、市民と感動を共有されています。
 当会付属の熟年世代中心の「プロジェクト・海」とともに、このたび、第10回目となる朗誦による劇的舞台「平家物語」の公演を行われました。
 観客は約300人、毎年恒例の公演ということで楽しみにされていた方も多かったようです。
 内容は、平家物語から「祇園精舎」「那須与一」「壇ノ浦合戦」などの有名な場面を朗誦されるもので、1幕45分、15分の休憩をはさんで2幕公演されました。
 出演者は50~70代が中心でしたが、小中学生も一緒にこれまでの練習の成果を活き活きと発揮されていたのが印象的でした。
 当会は、文化活動を通じてシニアと若者・子ども達をつなぐ役割を担っていきたいとのこと。今後も草の根の演劇活動を継続され、地域の文化力向上に貢献されることを期待しています。

山口県古民家再生協会の一周年記念イベントを訪問しました!

団 体 名 一般社団法人山口県古民家再生協会 (下関市)
プログラム地域課題解決支援プログラム/にぎわい交流づくり助成金
事 業 名美東町大田活性化年間事業
日時/場所平成29年5月27・28日(土・日)/美東町大田「古民家みとう」
訪問の様子

1 当会は、日本の伝統的な木造建築の民家・街並みの保存や修復再生、維持管理を進め、多くの人が古民家の良さを体験できる取組や古民家の活用方法の啓発等をされています。
 約100年前に建てられ、数年間空家となっていた美東町大田の古民家を昨年5月にリフォームし、地域交流拠点としてオープンした「古民家みとう」が1周年を迎えることから、活動成果をまとめ、地域に還元する試みとして記念イベントを2日間開催されました。

    2 当日は、YIC専門学校の学生による限定ケーキの販売、山口大学の学生による美東町大田地区の研究発表、愛媛県で古民家再生活動をされている「結匠庵」の活動事例紹介、近所の子ども達によるキッズカフェ、当団体の取組紹介や町の活性化についてのワークショップ等、盛りだくさんの内容でした。地域の方も多数参加されており、住民が気軽に集い、交流する場所として認知され、活用され始めている様子が伺えました。 

3 会では、今後3~5年活動を継続する中で、徐々に運営を地域の方に任せていきたい、また、このような取組を他地域でも進めていきたいとのことでした。

 まるで親戚の家に遊びに来たかのように、どこか懐かしくて温かな気持ちで住民同士が楽しみながら交流できる場を、これからも広げられることを期待しています。

青い鳥動物愛護会の「犬に名前をつける日」上映会を訪問しました!

この記事から平成29年度の交付事業となります

団 体 名 特定非営利活動法人青い鳥動物愛護会(防府市)
プログラム 地域課題解決支援プログラム/子ども・子育てサポート助成金
事 業 名青少年に命の尊さを伝える事業
日時/場所平成29年5月21日(日)/ルルサス防府 多目的ホール
訪問の様子 当団体は、2013年に「防府市の野良犬保護」を目的に設立。その後、保健所で殺処分寸前の犬・猫の保護活動や動物愛護に関する啓発活動などにも活動範囲を拡げ、これまでに1000匹以上の小さな命を助けてこられました。「犬・猫殺処分全国ワースト3」の山口県において、防府市で2016年2月から「殺処分0ゼロ」となっているのは当団体の熱心な活動に依るところが大きいと思われます。 
3 この日は、「犬に名前をつける日」の上映(2回)と山田あかね監督のトークショーが行われ、第1回目の上映には約80人が参加されました。
 映画は、主演の小林聡美扮するTV局のディレクターが「犬の命」をテーマに映画を撮っていくというフィクションとドキュメンタリーが混在した内容で、保健所での悲惨な光景、奮闘する保護活動の現場、犬や猫と人間との絆が描かれていました。
 トークショーでは、進行役の当団体の清水代表と防府市市民活動支援センターの松浦さんの2人が、映画を製作した理由等について山田監督に質問をされました。
1 映画のタイトルである「犬に名前をつける」ことは、”人間にとっては犬の命に責任を持つ、犬にとってはその瞬間から生きるという選択を与えられる”こと、「犬や猫と暮らしていく」ということは、彼らの命に最後まで責任を持つということであり、一人一人がもっと強く意識してほしいと熱く語られました。
 会場には、これまで保護してきた1000匹の犬・猫の写真や情報が掲示されており、参加者は足を止めてじっくりと見入っておられました。
 今後も動物の保護活動を通して、命の尊さについて多くの人に啓発されることを期待しています。
 
※当団体では今後、同映画の上映を周南市、山口市でも開催予定です。
 情報はこちらから → 特定非営利活動法人青い鳥動物愛護会HP http://aoitori-aigo.org/
1 / 1412345...10...最後 »